本文へスキップ

長野県松本市の弁護士|交通事故|離婚|労働問題|破産|過払金|相続|法律相談

ご予約・お問い合わせは

TEL.0263-87-7793

交通事故に遭ったときにすべきこと

 ここでは、交通事故に遭った場合に皆さんがとるべき対応についてご説明します。以下の項目のすべては難しくでも1つでも多く行えればその分より大きな被害回復につながります。

@ 警察へ連絡

 まずは警察に連絡をします。怪我がある場合は人身事故扱いにしてもらってください。人身事故の場合に警察が作成する「実況見分調書」等の書類は、後に争いが生じた場合に交通事故の状況等を判断する上で有力な証拠になり得ます。また、警察に連絡をしなかった場合は、事故があったことの証明書を発行してもらえない場合があるので注意してください。

A 加害者情報の取得

 取得しておくとよい情報は、、主に加害者の氏名、住所、電話番号、会社の連絡先、車のナンバー、自賠責保険、任意保険などです。これらは聞き取るだけではなく、なるべく免許証を見てメモをしたり、名刺をもらうとよいです。また、車検証の確認もできるだけ行い、相手自動車の所有者使用者も確認できればさらに良いです。
 さらに、
相手方の言い分をメモしたり録音することも望ましいといえます。
 その場で示談等をしてしまうのは避けるほうが良い方が多いです。

B 目撃者情報の取得

 目撃者がいた場合、目撃者の氏名、住所、電話番号などを確認し、後日連絡が取れるようにしておきます。裁判になった場合、第三者の証言は、当事者の証言に比べて有力な証拠となることが多いからです。

D 事故状況の記録化

 携帯電話のカメラで十分ですので、自分の車両と相手の車両の状況(なるべく様々な角度や大きさで撮るようにします)や路面や衝突した物に残った痕跡(タイヤの跡や擦ったようなキズ)を撮影します。

E 自分の保険会社への連絡

 皆さん自身が加入している任意保険からも契約の内容によっては保険金が支払われることがありますので、事故後可能な限り早く連絡をするようにします。


 以上のことを全て行うのは難しいと思います。事故に遭った際は、なるべく落ち着いてその時思い出したことだけでも行うようにしましょう。












バナースペース

山ア威明法律事務所

〒390-0803
長野県松本市元町2丁目2番17号

TEL 0263-87-7793
FAX 0263-87-7794